忍者チャレンジができる「甲賀のふる里忍術村」

日本慣習に期待残るヒューマン、殊更、忍者オタクの方におすすめの隠れ家地区があるので紹介します。 滋賀県内甲賀市における「甲賀のいなか忍術村」は、鈴鹿山麓の豊な自然に囲まれた広大な敷地に、昔の環境が漂う施設が点在しています。これらの施設で忍者になった気合でさまざまな体験をすることができます。連休に京都へ旅行に行くついでに寄っても良いでしょう。

「甲賀忍術美術館」は、忍者に対する記録が世界で最高峰多い美術館で、忍術三大秘伝書とされる「万川集海」や忍者が取り扱う手裏剣などの代表的な武具を展示してある。また、美術館の作業場は、甲賀忍者といった関係の濃い茅葺き住居を捕獲するためにも、移設して出店棟としてある。

「メカニックス忍者住宅」は、甲賀忍者の子孫「藤林実家」が住んでいた物件で、どうやら普通の実家のようですが、さまざまなメカニックスが施されていらっしゃる。当時の忍者は、自分が忍者だということを知られないように、普段は一般人と同じ暮らしをしているようにしていました。そうして、仇敵が現れたときのために、実家にメカニックスを施すことで、魅力を隠したり近道に貫く隠し戸を造ったりしていたのです。こういうメカニックス忍者住宅では、その当時の忍者が造ったメカニックスを探して体験することができます。

「忍者道場」では、塀越えの手法や困難づたいの手法、一本渡り手法、水蜘蛛の手法など本格的な9つの忍者鍛錬を挑戦することができます。難問をクリアしたら巻物を手に入れることができますよ。また、忍者の衣装のレンタルも行っているので、忍者になりきって楽しむことができます。

甲賀のいなか忍術村は、そのほかにも色んな忍者遭遇ができる隠れ家地区ですし、これまで忍者に期待がなかったヒューマンも喜べるので、連休ピクニックに出かけて興味深い日記を作って下さい。

愛知県内には、県内外の人からはよく知られていない、豊かな自然と素敵な芸術に囲まれたピクニックにおすすめの隠れ家の島があります。それが、知多・渥美半島の間にあり、ハイウェイ船で約20分で行くことができる「佐久島」だ。関西地域からも行きやすいので、1泊2日光の連休ピクニックとしておすすめです。

佐久島は人口約250それぞれというどうしてもちっちゃな島で、シンボル好機もコンビニエンスストアも1つもなく、島のほとんどが里山だ。けれども、知る人ぞ知る利点たっぷりの隠れ家地区としていらっしゃる。その魅力のひとつが、芸術でいっぱいの島ということです。佐久島は、島おこしとして1996時期から芸術に努め、島内のいろんな場所に個性的な芸術作品を展示したり、芸術儀が開催されたりしています。

代表的な作品となっているのが「おひるねハウス」で、佐久島の伝統的な西集落の黒困難をイメージして、黒い箱が繰り返しられたような芸術だ。その箱1つ1つに入ることができ、横になってトレンドの声を聴き潮風を感じながら眩しい三河湾を眺めることができます。3ひと月下旬〜5ひと月初回ぐらいまで、おひるねハウスの知人はハマダイコンの花で満開になるので、春休みやゴールデンウイークの連休にレジャーに行けば、再び美しい光景が広がってある。このように四季ちょくちょくの自然の草花を遊べるのも佐久島の魅力です。

また、佐久島は“食道楽の島”という利点もあります。フレッシュ獲れたての魚介系統や恵まれた日和やグラウンドを活かした野菜として、さまざまな名物があります。なかでも「大アサリ丼」は絶対に食べてほしい佐久島で有名な雑貨だ。また、大アサリが入った「大アサリバーガー」も人気となっています。

連休が取れたら、利点たっぷりの佐久島へ必ず行ってみて下さい。http://エクラシャルム楽天1.xyz/