free responsive website templates

社会人生活が楽になる!洗濯ワザ(その1)


忙しい社会人になって、一番時間をとられるのはなんでしょうか。
それは洗濯です。
食事は社員食堂か外食、掃除は掃除機。それでは洗濯は?
洗濯は作業工程が多くて地味に大変です。
しかも、サボると着るものがなくなって大変なことになります。
そこで、日々の洗濯が楽になる洗濯ワザを3つご紹介しましょう。

洗濯ワザ1つ目:流れ作業にできる靴下の干し方

靴下を取り込んだあと、あなたはどんな作業が待っていますか?それは、対になる靴下を探す作業です。
この無駄な作業をなくす工夫が、干すときにあります。
それは、対になって並べて干すことです。
取り込んだ後、ペアを探す手間がなくなり、そのまま収納と見事な流れ作業が実現できるのです。
これは余談ですが、全ての靴下を同じデザインにしてしまえば、ペアを探す手間は省けます。
次の買い替え時に考えてみましょう。
Mobirise
洗濯ワザ2つ目:汚れ落ちや臭い落ちをアップさせる洗い方

洗ったのに汚れが落ちてない・・・。なんだかにおいが残っている・・・。
あなたはそんな経験ありませんか?
もう一度洗いなおす手間を省略できる洗濯ワザを紹介します。
それは「洗濯機につめすぎない」といういたってシンプルなものです。
これは水や洗剤が衣類の隅々までしっかり行き渡り汚れ落ちアップ。すすぎでも十分な水で洗い流して、におい残りも防止できます。
少し少ないかな?という程度が適量です。
急がば回れです。多すぎる洗濯物は次の選択に回しましょう。

洗濯ワザ3つ目:乾燥機の静電気を激減させる洗濯ワザ

乾燥機を使っていますか?最近は洗濯乾燥機も普及してきていますし、コインランドリーでも乾燥機が利用できるので、乾燥機を利用する方も多いのではないでしょうか。
余談だけど、洗濯を自宅で済ませた後、乾燥を近所のコインランドリーで済ますことで、干す・取り込むという手間を省いていた時期がありました
で、乾燥する際にアルミホイルを硬く丸めたボールを2~3個つくって放り込んでおきましょう。
これで静電気を大幅に軽減することが出来ます。

まとめ

いかがだったでしょうか。
場所的な制限とかあって、全てを取り入れることは出来ないかもしれませんね。
しかし、1つ1つのワザは小さなものに思えるかもしれませんが、それらが重なると大きな効果を生み出します。
可能なワザからぜひ自分の生活に取り入れてみましょう。

(文:樹璃)

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

クリーニングは社会人の嗜み 
Cleaning is a taste of society people.



© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved