free one page site templates

20代と30代で違う満員電車の利活用方法


出来れば満員電車には乗りたくないものですね。
でも、お仕事や学校ならば行かねばならぬのです!

満員電車
 
満員電車ってとても特殊な状況です。
赤の他人とゼロ距離で静止してなきゃいけないなんて、満員電車以外ではありえないでしょう。
背の低い人の場合はかなり悲惨です。
なぜなら、むさいおじさんたちの吐いた息が降ってきて空気が淀んでいるからです。
あぁ、背が高くて新鮮な空気が吸える人が羨ましい・・・。
Mobirise
満員電車でのマナー
 
とにかく他人との圧迫感の軽減が必要です。
 
まず第一が、向かい合わせにならない事。これが最優先事項です。
車内の中央から窓側を向く様にします。
もし、駅で多くの人が乗ってきて自分の位置が押し込まれていったら、その場所での窓側に向き直すようにします。
混んでるので体制の変更はなかなか難しいんだけど、人が流れるタイミングを見計らってささっと反対側に向きます。
でも、後ろの人がこっちを向いている場合は微妙・・・。
自分が反対向く事で今度はその人と向かい合わせになってしまうのですから。
これは状況みてですね。
 
そして第二がカバン類を下に下げることです。
人間の体は胴体より足の方が細いです。
胴体が密着していても、足元にはスペースがあります。
そこにカバンを配置するのです。
 
そうしないとただでさえ密着してる胴体にカバンも加わって、大変なことになってしまいます。
 
20代による満員電車の利用方法
 
さてここからが本題♪
20代はとりかくやる気に満ち溢れています。
それにまだ若手なので定時での出社が多いです。
なので、混雑する時間帯に電車に乗る事になります。
到着した電車が満員でも、彼らはまだまだ入れることを知っています。
なので、気持ち的にはタックルするイメージで乗り込みます。
 
乗り込む車両も重要です。
降りた駅で、改札に最も近い車両、最も近いドア。必ずそこを狙います。
みんな狙ってるので、ならに車内は高密度になるけど、そんなこと先刻承知のうえです。
 
ドアが開いたら、ダッシュです。
 
30代による満員電車の活用方法
 
中堅になるとフレックスタイムが使えたり、裁量労働とかで出勤時間に融通が利くようになります。
なので、ミーティングとか他の人との予定が入っている日を除いては、遅めの出勤です。
いわゆるオフ・ピーク出勤ですね。
 
昔味わった殺人的な混雑はさけて、さほど苦しくない混雑時間での乗車です。
 
乗り込む車両も重要です。
降りた駅で、改札から最も遠い車両を狙います。
一番空いているからです。ホームを歩く距離が長い事は気にしません。
時間に余裕があるし、検診で運動しなさいって言われてるし丁度いいかって思っています(笑)
 
なにが重要か
 
仕事と自分。
年代によってそれが変わってくるんじゃないかなー。
 
(文:樹璃)

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

クリーニングは社会人の嗜み 
Cleaning is a taste of society people.



© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved