website templates

ボタンが取れちゃったら


社会人として身だしなみはちゃんとしないといけません。
スーツのボタンが取れそうでぶら下がり気味とか、ワイシャツのボタンが飛んで無くなってる箇所があるとか、そんなことになっていないですか?
あなたは、ワイシャツやスーツのボタンが取れたり、取れそうになっていたらどうします?

1.自分で縫う
2.彼女に縫ってもらう 
 
それが出来れば苦労しないですよね。
もし、自分で縫えないし、彼女もいない。そんな場合はどうすればいいのでしょう。

それに、ワイシャツのボタンならまだしも、スーツのボタンとなると少し躊躇しますね。
もし変な具合になっちゃったら、仕事のテンションも下がっちゃいます。

買ったお店に依頼してみよう
 
大手の洋服屋(洋服の青山とか)だと、ボタンの取り付けはサービスメニューにあるので快く受け付けてくれます。
価格は100円程度ですから気軽にお願いできますね♪
取れちゃったボタンがあればそれも一緒に持ち込みましょう。
もし、なくてもお店がメーカーから取り寄せるのでその点は大丈夫です。
 
ただし、基本的に他社製品は受け付けてくれないと思いましょう。
Mobirise
洋服のリフォーム店に持ち込む
 
どこで買ったかわからなかったり、買ったお店に行くのが困難だったりの場合は、近所のリフォーム店に持ち込んでみましょう。
 
ボタンの取り付けもやってくれます。
価格は2~300円です。
上のケースより高いけど、どこの洋服でも受け付けてくれる手が強みです。
ボタンがなくても大丈夫、それっぽいボタンを見繕ってくれます♪
とにかく、お任せに出来るのがリフォーム店の良いところです。
 
クリーニング店でお願いする
 
いつもお世話になっているクリーニング店。
ワイシャツやスーツをクリーニングに出すついでにお願いしてみましょう。
ボタンの取り付けなら無料でサービスしてくれることが多いです。
 
そして、ボタンが無くても何とかなる場合があるので相談してみましょう。
 
クリーニング店はトラブルに強い
クリーニング店はお客様から預かった衣類を取り扱うので、その過程でボタンが取れたとか割れたとかのトラブルが必ず発生するものです。
そういった経緯で、クリーニング屋はボタンの再入手の経験が豊富にあります。
メーカーから正規のボタンを取り寄せることもします。
意外に頼もしいのです。クリーニング店。
 
結論
まずクリーニング店に相談。うまくいけば無料。
 
これですね♪
 
(文:樹璃)

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

クリーニングは社会人の嗜み 
Cleaning is a taste of society people.



© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved