easy site builder

社会人生活が楽になる!洗濯ワザ(その4)


忙しい社会人になって、一番時間をとられるのはなんでしょうか。
それは洗濯です。
 
食事は社員食堂か外食、掃除は掃除機。それでは洗濯は?
洗濯は作業工程が多くて地味に大変です。
しかも、サボると着るものがなくなって大変なことになります。
 
そこで、日々の洗濯が楽になる洗濯ワザを3つご紹介しましょう。

洗濯ワザ1つ目:早く乾く干し方
同じ干すにしても、干し方を一工夫するだけで乾く時間が短縮できます。
まず、乾きやすい合成繊維と乾きにくい綿製品に大別し、風が当たりやすい場所には乾き難いもの、内側など風が当たりにくい場所には乾きやすいものを干しましょう。
そうすることで、乾きにくい衣類が風に当たってどんどん乾き、全体としては乾燥時間の短縮につながります。

Mobirise
洗濯ワザ2つ目:毛玉取りの手間をなくす洗濯ワザ
ニット製品を洗うとよく手玉になりますよね。
乾燥後、毛玉取りの作業はときどき発生します。
でも、洗い方一つでその作業をなくすことが出来るのです。
それが、ニットを裏返すこと。
裏返したニットを洗濯ネットにいれて、手洗いコース(またはオシャレ着コース)で洗いましょう。
そうすると、毛玉発生を抑えることが出来るのです。
洗濯ワザ3つ目:乾燥機で早く乾燥させるワザ
乾燥機を早く終わらせるために、乾いたバスタオルを一緒に投入しましょう。
そうすることで、バスタオルが水分を吸収して、結果として早く乾燥させることが出来ます。
余談ですけど、髪の毛をドライヤーで乾かすときも、乾いたタオルの上から乾かすと倍くらいの早さで乾くって知ってました?それと同じ原理ですね。
まとめ
いかがだったでしょうか。
場所的な制限とかあって、全てを取り入れることは出来ないかもしれませんね。
しかし、1つ1つのワザは小さなものに思えるかもしれませんが、それらが重なると大きな効果を生み出します。
可能なワザからぜひ自分の生活に取り入れてみましょう。
(文:樹璃)

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

クリーニングは社会人の嗜み 
Cleaning is a taste of society people.



© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved